セミナーテーマ
『御社のSFAを蘇らせる5つの施策』
SFAイネーブルメントで営業生産性を飛躍的に向上させる

電子日報としてしか使われていないSFAはもったいない

DX(デジタルトランスフォーメーション)の流れは営業部門の仕事の内容も大きく変えようとしています。顧客の購買活動もWebによって激変していますし、働き方改革の影響で、業務の生産性向上も急務です。

そんな中、営業デジタル化の入り口として、SFAから始める企業が多いのですが、「いかに入力させるか」という悩みから抜け出すことができなかったり、「電子営業日報」としてしか活用されておらず、もったいない状態になっていることが少なくありません。

もっとSFAをイネーブルメント(有効化)することを考えよう

何年か前から営業生産性向上のコンセプトとして、セールスイネーブルメント(Sales Enablement)が注目されています。これはデジタル時代に合った新しい営業施策のあり方を示すユニークなものです。

トライツでは、その第一歩として、営業現場の身近にあるSFAにフォーカスし、その「有効化=Enablement」をはかる「SFAイネーブルメント」が必要だと考えています。

SFAを蘇らせることから御社の営業のデジタル化は加速する

これは単にSFAの入力を推進させようというような近視眼的な対策ではなく、「SFAを軸にして、デジタル時代に向けた営業になるための各種施策をトータルにデザインし、目標達成度合を数値化して管理して、営業活動の飛躍的な生産性向上を実現させること」とし、SFAをトップから現場までの「本当に役立つ道具」にするための考え方や、具体的な施策、ツールなどまで含めたものです。

本セミナーでは、このコンセプトを事例を交えながらご紹介し、皆さんのSFAを蘇らせ、営業のデジタル化を加速させるために必要なことを一緒に考えていきたいと思っております。SFAベンダーからはなかなか聞けない、本質的でかつ実践的な情報をお伝えします。ぜひお申込みください。

プログラム

1)あなたのSFAの活用状況を客観的に評価する
2)SFAが電子日報から抜け出せない本質的な問題
3)SFAを本当に役立つ道具にする「5つの施策」
4)SFA活用の視点から人材育成を考える
5)SFAイネーブルメントの次の手とは
6)トライツコンサルティングのSFA活用サポート事例

講師

トライツコンサルティング株式会社
代表取締役 角川 淳
取締役   門田 尚之

日時

2020年2月12日(水)14:00~17:00(13:45開場)

場所

 東京国際フォーラム 会議室 G404

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号 地図はこちら
JR線:有楽町駅より徒歩1分/東京駅より徒歩5分
地下鉄:有楽町線有楽町駅(B1F地下コンコースにて連絡)/千代田線二重橋前駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩7分/丸ノ内線銀座駅より徒歩5分

参加費用

無料

定員

20名

対象

事業の責任者、営業幹部、営業マネージャ、営業支援部門のリーダーなど営業改革を推進する役割の方

お申込みはこちらから