アメリカのBtoBマーケティングではインターネットを使って配信する、オンラインセミナー、Webinar(ウェビナー)が大盛況。コンサルタントやリサーチ会社などのプロフェッショナルサービスをはじめ、あらゆる業界で活用されています。
今回は、Webinar がB2Bマーケティングにもたらす5つのメリットをご紹介しましょう。

今すぐWebinarを導入しよう!Webinarがもたらす5つのメリット

1.  Webinarが文章だけでは伝わらない魅力を届けてくれる

Webinarとは、Web Seminarの略で、ウェブ上で「セミナーの配信」を行うことです。最近、日本でも動画を使ったコンテンツをサイトに置き、マーケティングに生かす動きが出ています。
コンテンツマーケティングやランディングページなどに動画を入れ込めば、文章では伝わりきらない魅力を伝えられます。また、文章だけでは理解するのが難しいこと内容もオンラインセミナーがあれば、図を見ながら解説が聞けるのでわかりやすくなります。

2.  全国の企業へオンラインでセミナーを配信できる

B2Bマーケティングの一環として、企業担当者向けに無料のセミナーを開いているところもあるかもしれません。しかし、会場や運営スタッフの確保や、開催のための費用は決して安くはありません。
また、全国のお客様を対象にしようと思ったら、日本全国へ足を運ぶ必要があり、手間とお金がかかるものです。そんなときに、「Webinar」を使えば会社で作成したセミナー動画を、インターネット上で全国の企業へ一斉配信することができます。

3.  Webinarを通じて、効果的なプロモーション活動ができる

「会社の商品やサービスがなかなか認知されてなくて悩んでいる」こんなときに、Webinarを使えば効果的にプロモーション活動を行う事ができます。競合サイトでは見られない、セミナーコンテンツをユーザーに向けてオンライン配信してみましょう。
ランディングページや、メルマガでの配信でWebinarを置き、ユーザーが気軽に見られるように設計してみましょう。一度Webinarを設定すれば、あとは自動的にお客様が見てくれるのでさほど手間もかかりません。

4.  ソーシャルメディアで情報が広がりやすい

Webinarには無料で公開するオンラインセミナーと、課金型にして有料配信するオンラインセミナーの2種類があります。使い方によって、収益を上げるパターンは変わります。無料で公開するメリットとしては、質の高いWebinarはソーシャルメディアでシェアがされやすく自社のコンテンツが拡散されやすいメリットがあるということです。
特に業界の権威者と言われるような人が、FacebookやTwitterなどで告知してくれれば、そこから一気に広がる可能性も秘めています。

5.  Webinarで交流すればコンバージョン率が高まる

Webinarを成約につなげるステップに置くことで、コンバージョン率を上げることができます。文章だけでは、企業の担当者がどんな人なのか?どんな知識を持っているか?詳しいことまではわかりません。
しかし、Webinarを通してオンラインセミナーをすることで、ユーザーと実際会ったことがあるかのような交流をオンライン上でもたらすことができ、ユーザーに安心感を与えることができます。

競合が少ないうちからWebinarを取り入れてみよう

動画のコンテンツが増えてきたとはいえ、インターネットにはまだまだ文章だけの情報が圧倒的に多いのが現状です。WebinarをうまくB2Bマーケティングに役立てることで、今回ご紹介した5つのメリットを期待することができます。競合も始めていないうちから、ターゲットの役に立つ情報やノウハウをWebinarで配信してみてはいかがでしょうか?

さて、このように書いていても実は我々もまだまだ活用できていません。これから皆さんへの情報発信を本ブログや従来型のセミナーだけでなく、Webinarにも積極的にチャレンジしていきたいと思っています。

参考:

10 Reasons Smart Companies Use Webinars For Lead Gen By Oli Gardne

アメリカのBtoBマーケティングではウェビナーが大盛況

ウェビナー(webinar)システム