売れる営業担当者が共通して持っている5つの特長があります。「営業向きかどうかなんて、性格だから仕方がない」ということはありません。それを生まれ持った人もいる一方で、あとから身につけることによって凄腕の営業担当者になった人もいます。
もし、営業がうまくいかないと悩んでいたら、今回ご紹介する「トップ営業担当者が持っている5つの特長」を、ぜひチェックしてみましょう。

こんな5つの特長がトップの座へ導く

1. 明確なゴール設定思考

トップ営業担当者はただがむしゃらに営業をするわけだはありません。明確なゴール設定で、一定の期間に必要な成約件数を頭に入れて営業活動に励んでいます。

ゴール設定が明確であるほど、そこから逆算して「今日、今週、今月にやらなければならないこと」がはっきりし、スケジュールを意識していくことができるのです。

2. 圧倒的な行動力がある

明確なゴール設定ができたら、圧倒的な行動力で見込み客へ営業を仕掛けていきます。営業はいわば確率論。分母が多いほど、成約につながる分子が増えるものです。

他の営業担当者たちが一息ついている隙間時間でさえ、トップ営業担当者は時間を有効活用しています。そういった小さな積み重ねが、最終的に大きな結果を出すことを知っているからです。

3.  誰からも信頼できる

売れる営業担当者は、物を売るプロセスの中で「信頼」が最重要キーワードであることを知っています。誰からも信頼できる人柄は、結果としてより多くの結果をもたらします。さらにリピート客を連れてくる営業担当者も、信頼が勝ち取った賜物と言えるでしょう。
対面時の印象はもちろん、電話口やメールの文章など、相手に「信頼」できるイメージを与えるために気を配っています。

4.  常に学習している

涼しい顔をして、トップの座を譲らない営業担当者たちは、常に学習することを忘れません。「どうしたらもっと結果を出せるのか」ということを日々考え、本を読んだり、セミナーに通ったりして勉強をしています。
さらに営業スキルに磨きがかかることで、少しの努力で大きな結果を出せるようになります。いっけんすると彼らには余裕があるように見えますが、それは努力したからこそ到達できる領域なのです。

5. ときに楽観的である

営業活動はいいことばかりではありません。お客様から怒られることもあるでしょう。そんなとき、楽観的であることで、ストレスを軽減し、感情の波をうまくコントロールすることができます。
楽観的すぎて、ものごとを安易に考えすぎてしまうのはよくありません。しかし、ときに楽観的であるからこそ、辛いと感じる状態に陥ったときにうまく乗り切ることができるのです。

まずは意識してみることから

いかがでしたか? ご紹介した5つの特長を全て持ち合わせていることが、トップ営業担当者として、成果を発揮するために重要となります。自分に足りないと感じた部分は、あとからでも身につけることができます。

トライツコンサルティングでは、このような営業担当者のスキル・能力を測るためのスキルマップづくりから、それぞれの営業担当者の育成ロードマップづくりと現場での支援を行いながら、営業力の強化をサポートしています。具体的な事例を知りたいという方は下記よりお問い合わせください。

参考:

5 Traits of Highly Successful Salesmen BY GEOFFREY JAMES

10 Reasons Why Top Sales People are Successful: Boost Your Sales Career By Brian Tracy