マーケティング

見込み客数を2倍にする! 5つのCall-To-Action(CTA)テクニック

見込み客数を2倍にする! 5つのCall-To-Action(CTA)テクニック

Webサイトに訪れたユーザーから、何かしらのアクション「CTA(Call To Action)」をとってもらい、見込み客となってもらうことが、成約率を高める第一歩。そこで一番のポイントとなるのは「無視できないオファー」を期限つきで提供することです。

ユーザーがサイトに訪れたチャンスを逃さないために「今ここでアクションを起こさなければ損をしてしまう」と感じさせられるオファーを用意できるかが重要となります。では、ユーザーにどのように話しかけ、行動に促していくことで、ユーザーを見込み客へとつなげていけるのでしょうか?今回は、海外の事例から成約につながる5つのCTA施策をご紹介します。

成約につながる5つのCTA施策

1.お問合せフォーム

お問合せフォームから、ユーザーから何かしらの連絡を望む場合。まず、お問合せフォームがどこにあるのか、一瞬で見つけられる場所に配置しましょう。トップページだけでなく、どのページからでもお問合せできるようにしておくことも重要です。

色に関しては、緑が最もクリック率が高いという結果が得られていますが、周りの色に埋もれてしまうような緑であれば効果がありません。周りの色とは少しコントラストを変え、より目立つような色合いにしましょう。また、必要最低限の記入項目だけで、簡単にお問合せができるシンプルなものになるように心がけましょう。ユーザーが「面倒くさい」と感じるような、勤務先情報の記入などの延々と続く質問項目はアクション率の大幅な低下を招きます。名前とメールアドレスを必須項目とし、それだけでもお問合せができるようにしましょう。

 

2.チャット機能

日本ではまだあまり見かけませんが、海外のWebサイトはチャット機能で気軽に質問できるところが増えています。例えば、日本とオーストラリアを結ぶエアライン、ジェットスターでは、お問合せフォームからチャットを利用して、航空券に関する質問をすることができます。電話をかけるほどではないけれど、今すぐ答えを知りたい質問がある。そんなユーザーを逃さないために、チャット機能は役に立ちます。

 

3.メールマガジン

CTA施策の定番として活躍する、メールマガジン。自社への関心が高い層と定期的・継続的なつながりを持てるという点で、非常に重要な役割を占めています。これまでは登録しているユーザーに一斉に均一なメールを送る手法がメジャーでしたが、今では属性を定め、よりカスタマイズされたメッセージを届ける手法も現れています。

また、コンテンツに関しては、顧客情報を利用して、ユーザーの誕生月に自社の商品券などをプレゼントするのも、ユーザーとの距離を縮め、見込み客化を促すのに有効でしょう。

 

4.資料ダウンロード

コンテンツマーケティングを実践している場合、ユーザーが求めているコンテンツ(記事)をすでに持っているかと思います。そんな情報をユーザーが欲しいと感じるような魅力的な形でPDF資料にまとめ、基本的な個人情報を提供してでもダウンロードしたくなるような「プレミアムコンテンツ」を作りましょう。たとえば、米国Copy Blogger社のEbook施策がこれに当たります。

ダウンロード資料と一緒に、自社の商品券などのささやかなプレゼントも付け加えることで、ユーザーにダウンロードしてもらいやすくするのも1つの手です。

 

5.抽選でプレゼント

誰でも、得をするのは嬉しいことです。ユーザーに喜ばれるような、抽選でプレゼントを行うのも、自社のファン(見込み客)を増やすのにおすすめの方法です。Facebookなどのソーシャルアイコンをつけて情報を簡単にシェアできるようにすると、拡散する可能性も広がります。

メールアドレスを入力したり、Facebookページのファンになったりするだけの簡単な抽選だけでなく、アンケートに答えて抽選に応募するもの、写真やアイディアを募集するコンテスト形式があります。

まとめ:個人情報と引き換えにできるもの

広告が溢れる今の時代、自社の宣伝文句はユーザーを離れさせるだけのものです。そうではなく、いかにユーザーに有益な情報を提供できるかが、見込み客化するための最良のアプローチ方法。ユーザーが本当に求めているものを再度確認し、「基本的な個人情報を提供してでも欲しい」と思ってもらえるものをオファーするように心がけましょう。

 

参考:

7 Call-To-Action Techniques and Examples That Work by Shanna Mallon

6 Must-Have Website Calls-to-Action that are Sure to Convert by Dayna Rothman

Photo:

Some rights reserved by Sean MacEntee

URL
TBURL
Return Top