我々は「営業改革」という企業の大きな課題に寄り添う中で、その取り組みを加速させる存在= セールスイノベーションアクセラレーター でありたいと考えています。そして、そのミッションを以下のように定義しています。

日々の営業活動自体で顧客に価値を提供できるようにし、それが競争優位の源泉となるよう、営業組織にイノベーションを起こしながら、次世代を担う営業リーダーを育成する。

我々はこのミッションの実現のために「できることは何でもする」「できることを増やし続ける」ということを2012年の会社設立以来取り組んできました。

設立以来の3つのこだわり

B2B営業に特化

B2B営業分野に特化したコンサルティングを提供するため、2012年10月に設立しました

インソーシングで現場主義

現場に入り込んで必要な機能を果たす「インソーシング型」のコンサルティングを提供しています

3つの”シサク”でスピーディに

考え、作り、動く(思索・試作・施策)という3つのアクションを、現場でスピーディーに行います

3つの”シサク”とは

  • 筋道を立てて考える  「思索:Speculate」
  • 実行に必要なモノを試しに作る  「試作:Prototype」
  • 練りに練った策を現場で施す  「施策:Implement」

なかでも「思索」によって導き出されたB2B営業の「やり方やツール」を、タイムリーに試作して形にしてしまうところに特徴があります。この「やり方やツールのプロトタイプ」があることで、新しい営業活動をスピーディに現場で実行し、検証しながら進化させていくというサイクルを回すことができます。

こんなご相談からスタートしています

もっと早く成果を出したい

「今やっている」もしくは「これから始める」営業改革の成果をもっと早く出したい

マンネリを脱したい

営業力強化を図るものの、いつもワンパターンで成果が出ない。今の環境に合った最適な営業のやり方を導入したい

一緒に現場を動かしてほしい

いろいろな施策を仕掛けているが、なかなか現場が変わらない。現場に入り込んで、一緒に現場を動かしてほしい

我々が果たす役割

アイデアマン

それぞれの営業現場に最適な営業手法やしくみに関する新しいアイデアを提供し、コンサバ・マンネリからの脱却を支援します

ペースメーカー+お助けマン

従来の仕事に流されがちな現場のペースメーカーとなり、強力に実践をサポート。ターゲット顧客攻略の戦略検討から具体的な資料作成まで足りない部分もお助けします

情報ハブ

取り組みによって得られたノウハウやナレッジなど、貴重な情報の「ハブ」となり、組織力を最大限に発揮できるように支援します

クライアントからいただいている評価

理解してくれる

「短時間で我々の状況やビジネスを理解してもらった」「課題に沿ったアイデアやツールを考えてもらえて助かった」など、クライアントに寄り添い、共に考える姿勢を評価いただいています

わかりやすい

「モヤモヤしていたことをシンプルに整理してくれて助かった」「これなら私でも説明ができる」「見ただけで直感的に理解できる」など、わかりやすさを評価いただいています

コンサル会社らしくない

「変わったアプローチだね」「そんなことまでやるの?」など、幅広い領域をカバーし独自性を持った会社という評価をいただいています

このようにして、各企業に合ったスタイルで営業改革に必要な「機能」をご提供し、一緒に取り組んだ皆さまからご評価をいただいております。